<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)

 日米両国の外務・防衛担当局長らによる「日米安全保障高級事務レベル協議」(SSC)が2日午前、外務省で開かれ、日米同盟深化に向けた具体的な協議が始まった。

 日米安保条約改定50周年を踏まえ、11月のオバマ米大統領訪日をめどに文書の取りまとめを目指す。

 日本側は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、5月末までの結論を目指して政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で移設先の選定作業を進めている現状を説明。米側は現行計画の履行を求める主張を変えておらず、双方の立場を確認するにとどまった。

 また、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の軍事力増強などを踏まえ、アジア太平洋地域の安全保障環境に対する日米両国の認識を確認した上で、自衛隊と米軍の協力、ミサイル防衛、有事の作戦計画、災害支援など、アジア太平洋地域や地球規模での日米協力の具体像などについて今後詰める方針を確認した。

 日本側からは梅本和義外務省北米局長、高見沢将林防衛省防衛政策局長、米側はキャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補らが出席した。【野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:検討委、3月末に候補地決定
衆院代表質問:首相挑発に乗らず 谷垣氏「予算、密室で」
沖縄連絡室:内閣官房の職員らが兼任
普天間移設:日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補
岡田外相:普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定

軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で−中医協(時事通信)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
<認知症予防>青魚で効果 島根大グループが実証(毎日新聞)
3人乗り漁船、北海道白糠沖で消息絶つ(読売新聞)
<参院代表質問>「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-02-04 22:54

列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)

 29日午後0時27分ごろ、JR函館線の深川−妹背牛(もせうし)駅間の「深川6号線踏切」(北海道深川市深川町)で、旭川発札幌行き特急「スーパーカムイ24号」(5両編成、乗客102人)がトラックと衝突し、一部の車両が脱線した。北海道警深川署などによると、乗客23人、運転士、トラックの運転手の計25人が軽傷を負ったという。

 現場は妹背牛駅から約3.4キロ離れた地点。JR北海道によると、踏切には警報機と遮断機があった。事故の影響で函館線は深川−滝川駅間の上下線で運転を見合わせた

【関連ニュース】
<写真特集>列車事故といえば JR福知山線脱線事故
鉄道事故:男子高校生はねられ死亡 千葉のJR成田線踏切
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:自殺?相次ぐ 朝の広島市内JR、1万6000人影響 /広島
JR根室線事故:人為的ミス原因か 負傷12人に

<団地の地盤沈下>愛知県の責任認めず 名古屋高裁(毎日新聞)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)
拳銃1丁と実弾97発所持=容疑で暴力団会長ら逮捕−警視庁(時事通信)
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
「黒い雨」由来の放射性物質、初めて確認(読売新聞)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-02-04 00:11

横審委員に意欲? =「営利主義」相撲協会に苦言−石原都知事(時事通信)

 「都知事は横審の委員だった。わたしも言われたが2度断った」。東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、過去に大相撲の横綱審議委員への就任を打診されたことを明らかにした。
 そして、日本相撲協会の理事選に立候補した貴乃花親方(元横綱)には「共感するところは多い」とエールを送ったが、同協会に対しては「営利主義に走りたがが緩んできた」と苦言を呈した。
 さらに知事は「伝統文化を守るため今からでもなろうかな、横審の委員に」とぽつり。「いや、ノーサンキューだけど」と即座に否定したものの、近年は不祥事が相次いでいる角界の現状には我慢がならない様子だった。 

第2次補正予算案 衆院本会議で与党3党などの賛成で可決(毎日新聞)
大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害−最高裁(時事通信)
<わいせつDVD>販売容疑で元組幹部ら逮捕へ 愛知(毎日新聞)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
訃報 筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-02-02 23:59

<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)

 汚染された血液製剤の投与によってC型肝炎に感染したとして、カルテがない新潟県の50代女性が、肝炎ウイルスの遺伝子型を主な証拠に、被害者救済法による給付金の支給対象であることの確認を国に求めた訴訟は1日、新潟地裁(森一岳裁判長)で和解した。国は同法に基づき1200万円を支払う。

 訴状によると、女性は89年に県内の病院で出産した際、血液製剤フィブリノゲンを投与されて感染。肝炎ウイルスの遺伝子型が米国から輸入された血液製剤による感染に多い「1a型」のため、血液製剤の投与で感染したと主張していた。原告代理人の鈴木俊弁護士は「結果としては1a型だから認めるというわけではなく、医師の証言や(製剤の)納入記録で和解ができたと思われる」と話した。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
訃報:平井要さん 59歳=薬害C型肝炎訴訟原告
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/35 「肝炎対策基本法」に期待
薬害肝炎:入・通院費補助、県に創設要望−−患者団体 /新潟
薬害C型肝炎訴訟:救済法に基づき、5人全員の和解成立−−高松地裁 /香川
こげなことしとります:福岡グループインフォ 九州肝臓友の会 /福岡

外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
松沢知事の著作に削除命令=著作権侵害認める−東京地裁(時事通信)
南京事件の犠牲者、隔たり埋まらず…日中共同研究(読売新聞)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-02-01 23:56