最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)

 岩手、秋田両県を結ぶ八幡平アスピーテライン(全長17・6キロ)と、分岐する八幡平樹海ラインの藤七温泉まで(2・1キロ)が16日、約5か月ぶりに両県同時に開通した。1970年の完成以来、最も早い全通。

 道路を管理する県岩手土木センターによると、雪の壁は平均で約4〜5メートル、山頂に近い見返り峠付近で最大7・5メートルと例年並み。14日の吹雪では2メートル積もった場所もあったが、再び除雪して開通に間に合わせた。

 今年は桜の季節に間に合わせ、「桜と雪の回廊」として春の観光振興を図ろうと、開通を例年より早めた。

 両ラインは、積雪や路面凍結の恐れがあるため、5月下旬頃までは、午後5時から翌朝8時半まで通行止めとなる。樹海ラインの全線開通は28日の予定。

海の生き物あしらい…変わり種こいのぼり(産経新聞)
今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
【from Editor】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-04-20 11:11
<< 少年愛好「ショタコン」国際化、... 東京・青梅市の医療法人、破産手... >>