「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議−警察庁(時事通信)

 警察庁は29日、今年日本で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備対策委員会を東京都内で開いた。委員長の片桐裕同庁次長は「会議は目前に迫っている。全体で危機感を共有しながら警備の完遂を図ってほしい」と訓示した。
 会議は昨年11月に続いて2回目で、全局部長ら幹部のほか、首脳会議が開かれる神奈川から県警警備部長が出席した。 

【関連ニュース】
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC

民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)
園遊会に浅田、高橋両選手ら(時事通信)
与謝野氏ら、新党結成を検討=月内めど、平沼氏との連携も(時事通信)
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山(産経新聞)
<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
[PR]
by o2cetvvijx | 2010-04-05 18:55
<< 歯科治療用機器販売会社が破産申... 自衛官自殺偽装で5人起訴=元保... >>